2016年11月5日土曜日

Bloggerのブログの管理者を変更するには

Bloggerのブログで、別のGoogleアカウントでそのブログを管理できるようにする手順をまとめます。ここでは、元の管理者を「アカウントA」として、アカウントAからアカウントBに管理者権限を付与する場合を想定します。

なお、同じPCで2つのアカウントを操作する場合、同じブラウザではうまく動作しないことがあります。ここでは、アカウントAはGoogle Chrome、アカウントBはInternet Explorerというように、ブラウザを使い分けるものとします。

設定方法

Google Chromeを開いて元の管理者アカウントAでBloggerの管理画面にログインしてから、ブログを選び、「設定」を開きます。

ブログの投稿ユーザー」で「+投稿者を追加」します。

新しい管理者のGmailアドレスを入力して、「執筆者を招待」します。


Internet Explorerを開いて、新しい管理者アカウントBのGmailにログインして、招待メールを開き、「招待に応じる」をクリックします。
ブラウザが開き、下記の画面が表示されたら、「招待メールを承認」します。


Google Chromeに戻って、再び元の管理者アカウントAでBloggerにログインして、「設定」メニューを開きます。

新しい管理者の権限を「投稿者」から「管理者」に変更します。


なお、ブログの管理者から、アカウントAを削除するには、再びInternet Explorerに戻って、新しい管理者アカウントBでBloggerにログインして、「設定」を開き、元の管理者の×マークをクリックします。





Share:

2016年10月15日土曜日

サイドバーに表示されるPowered by Bloggerを削除したい

このブログでは、海外のテンプレート・プロバイダーからダウンロードしたテンプレートを使っています。

海外テンプレートを適用すると、たいていサイドバーの下側にPowered by Bloggerが勝手に表示されます。

この正体は、Attributionウィジェットです。Blogger利用者にはAttributionウィジェットの表示義務があるため、Attributionウィジェットのないテンプレートを適用すると、それが自動的に挿入されてしまうのです。

表示義務があるため原則的に削除するわけにはいきません。(物理的に削除する方法はあります。)

このブログの場合は、削除する代わりにサイドバーからフッターに移しました。

テンプレートのXMLファイルを開いて、フッター(</body>の前の行)に以下のコードを追加します。

<b:section class='Footer' id='Footer' showaddelement='yes'>
<b:widget id='Attribution1' locked='false' title='' type='Attribution' visible='true'>
<b:includable id='main'>
<b:if cond='data:feedbackSurveyLink'>
<div class='mobile-survey-link' style='text-align: center;'>
<data:feedbackSurveyLink/>
</div>
</b:if>
<div class='widget-content' style='text-align: center;'>
<b:if cond='data:attribution != &quot;&quot;'>
<data:attribution/>
</b:if>
</div>
<b:include name='quickedit'/>
</b:includable>
</b:widget>
</b:section>


このXMLファイルをアップロードしてテンプレートに適用すれば、Powered by Bloggerがフッターに移ります。

注意)

上記のコードは、フッターにFooterという名前のセクションを追加するものです。すでにFooterという名前のセクションがあれば、上記の黄色マーカー部分Footer2など別の名前に付け替えてください。

参考)

上記の変更後にBloggerの管理画面で「レイアウト」でAttributionウィジェットを開くと、削除することができます。

Share:

2016年10月10日月曜日

Value-Domain(バリュードメイン)でBloggerに独自ドメインを設定

Bloggerは、外部のドメインレジストラで管理している独自ドメインを割り当てて使うことができます。

ここでは、Value-Domain(バリュードメイン)でBloggerに独自ドメインを割り当てる手順をまとめます。

Bloggerの管理画面の「設定」メニューから「+ブログのサードパーティURLを設定」をクリックします。

「サードパーティドメインの設定」欄にBloggerに割り当てたいドメインを入力して、「保存」します。

ドメインレジストラで設定すべきDNS情報をコピーします。

Bloggerの管理画面を開いたまま、ブラウザで新しいタブを開いて、Value-Domain(バリュードメイン)の管理画面にアクセスします。DNS設定画面を開いて、末尾にをペーストします。ペーストした行の先頭にそれぞれ半角スペースを空けてcname、cname行の末尾に半角ピリオドを追加して「保存」します。

30分後にBloggerの管理画面に戻って、の設定画面を「保存」します。エラーなく保存できれば、設定完了です。
Share:

2016年9月17日土曜日

RSS Graffitiの代わりにZapierでFacebookページに自動投稿

BloggerからFacebookページに自動投稿(連携)するツールとして、以前はRSS Graffitiが定番でした。

ところが、2015年にRSS Graffitiの提供が打ち切られました。それ以来、Facebookページヘの自動投稿には、Zapier(読み方:ザピア)を使っています。

Zapierは、複数のウェブサービスを連携させるウェブサービスです。まだ日本語化されていないため、日本ではあまり知られていませんが、Facebookページへの自動投稿はFacebookからの被リンクを自動生成することになるため、SEOツールとして必須になるでしょう。

Zapierの使い方

ZapierでRSSフィードからFacebookページに自動投稿する設定には、以下の3段階があります。
  1. Zap(ザップ)を作成
  2. ブログ/サイトの最新記事からFacebookページにテスト投稿
  3. Zapを有効化

1. Zapを作成

Zapとは、連携元と連携先のウェブサービスを組み合わせるアプリのことです。ここでは、ブログ/サイト(連携元)のRSSフィードからFacebookのAPI(連携先)にデータを受け渡すアプリを作成します。

Zapierにサインアップ(会員登録)すると、メールが届きます。そのメールの[Build a Zap Now]をクリックします。

Zapierにログインして、[Choose a Trigger App]画面の検索窓にRSSと入力して[RSS by Zapier]を選びます。

[New Item in Feed]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Feed URL]欄に自動投稿元となるブログ/サイトのRSSフィードのURLを入力して、[Continue]をクリックします。

[Fetch & Continue]をクリックします。

Choose an Action Appの検索窓にFacebookと入力して[Facebook Pages]を選びます。

[Create Page Post]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Connect a New Account]を選んで、[Save + Continue]をクリックします。



Message欄のメニューボタンからDescriptionLink URL欄のメニューボタンからLinkを選んで、[Continue]をクリックします。

次に、ブログ/サイトの最新記事をFacebookページにテスト投稿してみましょう。

2. テスト投稿

下記の画面でテスト投稿する記事を確認して[Create & Continue]をクリックします。

Test Successfulと表示されたら、Facebookページにアクセスして、テスト投稿結果を確認しましょう。[Finish]をクリックして、

Finishと言ってもZapの作成が終わっただけで、ブログ/サイトに新着記事が載っても、まだ自動投稿されません。最後にZapを有効化しましょう。

3. Zapを有効化

[OFF]ボタンをクリックして、YOUR ZAP IS [ON]に変えます。


下記の画面が表示されたら、Zapの有効化まで完了です。別のZapを作るなら[Make another Zap]、ここで作ったZapを確認するなら[See it on your Dashboard]をクリックします。
Share:

2016年9月3日土曜日

BloggerでページのURLをカスタマイズするには

Bloggerの「ページ」には「パーマリンク」の設定がありません。そのため、ページのタイトルを日本語で付けてしまうと、URLは自動的にblog-post.htmlにされてしまい、あとから変更することができません。

ページのURLをカスタマイズするには、最初から半角英数字で付けて「公開」または「保存」する必要があります。

なお、最初に日本語でタイトルを付けてしまって、公開前に気づいて半角英数字に直しても手遅れです。Bloggerでは入力中に記事が自動保存されますが、そのときにURLが自動生成されるためです。

最初から英語でタイトルを付けておけば、このページのようにURLがカスタマイズされます。
Share:

2016年8月20日土曜日

Bloggerのアクセス対策(SEO)カスタマイズ

Bloggerの魅力は、カスタマイズです。「ブログサイト比較」のとおり、Google Analytics、Google AdsenseなどのGoogleのツールはもちろん、たいていのブログパーツやガジェットが自由に仕込めることです。

その一方、BloggerはGoogleのブログサービスでありながら、アメブロなどの日本のブログサービスのような「見てもらう仕組み」がほとんどありません。

アメブロからBloggerに引っ越してきてびっくりしたのは、アメブロなら新しい記事を載せただけで、直後に100PVぐらい増えたのに、Bloggerでは記事を公開しても、アクセスはせいぜい3~5PVでした。

そのぐらい「見てもらう仕組み」のないBloggerでアクセスを増やすのは至難の業です。アメブロからBloggerに移転したブログは、現在500PV/dayのアクセスがありますが、そこにたどり着くにはアメブロよりも時間がかかりました。

それでは、このブログで地道にカスタマイズしたポイントを以下にまとめます。
  1. 内部リンク強化:サイドバーに「ラベル」「人気の投稿」「ブログアーカイブ」のガジェットを追加
  2. <title>タグのカスタマイズ:<title>タグを「記事名」「ブログ名」の順に修正
  3. Google Analyticsに登録:Googleウェブマスターツールへの登録に必要
  4. ウェブマスターツールへのサイトマップ登録
  5. FeedBurner経由でTwitterに自動投稿
  6. ShareThisで複数のソーシャルボタンをまとめて設置
  7. Zapier経由でFacebookページに自動投稿(Facebookページを持っている場合)
Share:

2016年8月6日土曜日

ブログ記事を投稿するときのアクセス対策(SEO)

Google AdsenseとGoogle Analyticsを使うためにアメブロで作ったブログをBloggerに移転しました。その結果、アメブロと違ってBloggerではただ記事を公開しても誰も見に来ないことがわかりました。

その理由は、BloggerはGoogleのブログサービスであるにもかかわらず、アクセスを集める仕組み(集客機能)が全くないことです。Bloggerに移転して初めてアメブロや国内のブログサービスはアクセスを集める工夫が凝らされていることに気づきました。

それでもAdsenseとAnalyticsのためにあえてBloggerにすると決めたら、Bloggerで記事を書いて公開するときの検索エンジン最適化のポイントを押さえておきましょう。
  1. 記事名(タイトル)
  2. ラベル
  3. パーマリンク
  4. 検索向け説明

1.記事名(タイトル)

思いついたタイトルをそのまま書くのではなく、見に来てほしい人がどんな検索キーワードで来てくれるのか軽く調べてから、タイトルを作ります。

まずBloggerの管理画面をそのままにして、ブラウザのタブを開いて、書いた記事の内容に関するキーワードをGoogleの検索窓に入れてみます。

最近のGoogleはキーワードの組み合わせを予測表示してくれますが、そこに自分の記事の内容に近いキーワードの組み合わせがあれば、それらを使ってタイトルを組み立てます。

例えば、この記事の場合、最初に思いついたタイトルは、「Bloggerのアクセス」でした。そこで、「Blogger」「アクセス」でググった結果、「SEO」というキーワードを追加したほうがよいと判断して、今のタイトルになりました。

2.ラベル

内部リンク強化のために、その記事のジャンル(カテゴリー)を表すラベルを付けておきましょう。

3.パーマリンク

URLも検索対象です。タイトルに応じた単語を使ったURLにすることで検索されやすくします。

4.検索向け説明

Googleの検索結果の一覧に表示される説明文のことです。

Share:

2016年7月4日月曜日

BloggerにGoogle Analyticsを設定

BloggerにGoogle Analytics(アナリティクス)を設定しておくと、Google Adsenseの効果測定に役立ちます。

BloggerにGoogle Analyticsを設定するには、まずGoogle Analyticsにログインして、「アナリティクス設定」を開きます。

アカウント」を選んでから、「プロパティ」メニューをドロップダウンして「新しいプロパティを作成」します。
プロパティの設定画面で、Bloggerの「ブログ名」と「ブログのURL」を入力し、「業種」、「レポートのタイムゾーン」を選んで、「トラッキングIDを取得」します。

「UA-」で始まるトラッキングIDをメモしておきます。

Bloggerにログインして、「設定」→「その他」→「Google Analytics」→「アナリティクスのウェブプロパティID」にGoogle AnalyticsのトラッキングIDを入力して「設定を保存」します。
Share:

2016年6月18日土曜日

Bloggerでコメントを受け付けない(非表示)設定

Bloggerのブログでコメントを受け付けないようにするには、Bloggerにログインして「投稿とコメント」で「コメントの場所」を「非表示」にするか、「コメントを投稿できるユーザー」を「ブログメンバー専用」にして、「保存」します。

逆にコメントを全面的に受け付けてノーチェックで公開するには、「投稿とコメント」で「コメントの場所」を「非表示」以外に、「コメントを投稿できるユーザー」を「全員」に、「コメントの管理」を「なし」にして「保存」します。
Share:

2016年5月7日土曜日

Bloggerのラベルでブログにタグ別メニューをつける

Bloggerでは、一般的なブログで言う「タグ」機能のことを「ラベル」と呼びます。

ブログに「ラベル」ウィジェットでメニューを作っておくと、内部リンクを増やすことができ、SEO(検索エンジン最適化)にも役立ちます。

Bloggerのブログにカテゴリー(ジャンル)メニューをつけるには、「ラベル」を使います。

Bloggerの管理画面にログインして、「レイアウト」からカテゴリーのメニューを付けたい場所で「ガジェットを追加」します。

ラベル」のボタンをクリックしてラベルを追加します。

記事を投稿するときに、「投稿の設定」で「ラベル」を入力して、「完了」してから、「更新」します。

なお、ラベルは1つの記事に複数設定することもできます。その場合は、語句の間を半角カンマで区切ります。
Share:

2016年4月16日土曜日

Bloggerのtitleタグのカスタマイズ(SEO)

Googleのブログサービス"Blogger"は、Googleがやっているにもかかわらず、SEO(検索エンジン最適化)に配慮されていません。

検索エンジン最適化や見に来てくれる人を増やす工夫では、はるかにアメブロのほうが上です。ブログ初心者には絶対に薦められません。

BloggerはGoogle AdsenseやGoogle AnalyticsなどGoogleのサービスをフル活用したい人向けのブログサービスです。

Bloggerの使い始めにやっておきたいのが、<title>タグのカスタマイズです。デフォルトでは<title>タグが「サイト名+ページ名」になっていて検索に不利なので、「ページ名+サイト名」に書き換えましょう。

管理画面にアクセスして、「テンプレート」→「HTMLの編集」を開きます。

<title><data:blog.pageTitle/></title>

上記の1行が書かれているところをブラウザで検索して、下記のように書き換えます。

<b:if cond='data:blog.pageType == "index"'>
<title><data:blog.title/></title>
<b:else/>
<title><data:blog.pageName/> - <data:blog.title/></title>
</b:if>


最後に「テンプレートを保存」して「戻る」。
Share:

2016年3月5日土曜日

BloggerでAdsenseに登録できない(承認されない)

Google Adsense(アドセンス)のアカウントは生きているのに、Bloggerの管理画面で「収益」の「Adsense」を開いても、「Adsenseに登録」ボタンが押せない場合があります。

Google Adsenseの広告が承認されるまでにブログ開設から3~6ヶ月かかります。いくつかのブログで記事の数量を変えて試してみましたが、記事が多いブログでも少ないブログでも同じでした。

Adsenseへの参加要件と照らし合わせると、Google Adsenseの広告が承認されるまでにブログ開設から最大6ヶ月(ブログの開設からまもなくGoogle Adsenseに承認されることはない)と思ったほうがよさそうです。

だからといって落胆することはありません。ブログの開設からまもなくGoogle Adsenseに承認されたとしても、記事が少なければ検索に引っかかりません。そもそも見に来てくれる人がいなければ、広告をクリックしてくれる人もいませんから、まったく焦る必要はありません。

このサイトを例に挙げると、Adsense広告のPV(ページビュー数)あたり収益は0.15円です。これを基準に考えると、100PV/日でようやく収益が15円/日なのです。ちなみに、Google Adsenseで報酬が実際に支払われるのは、月間収益8,000円以上(前月8,000円未満の場合は前月と通算)です。

つまり、前月分の繰越がない限り、月間収益が8,000円に達しなければ、その月は何も支払われませんGoogle Adsense月間8,000円分を売り上げようとしたら、1日平均267円、1日平均1,778PV必要です。

そう考えると、ブログを開設してすぐにGoogle Adsenseの広告を貼ることはあまり意味がありません。Google Adsenseの承認を待っている間に、まず100PV/日の集客を目標にしてブログのコンテンツを増やしていきましょう。

そのために、まずBloggerにGoogle Analyticsを設定して1日あたりPVをチェックしましょう。
Share:

2016年2月20日土曜日

BloggerへのAdsense広告表示

BloggerにGoogle Adsenseの広告を貼るには、先にGoogle Adsenseのアカウントを開設しておく必要があります。Google Adsenseのアカウントは本人確認などの手続きがあるため、開設までに1~2週間ほどかかった気がします。

Google Adsenseのアカウントが開設できたら、BloggerにGoogle Adsenseの広告を貼ってみましょう。

広告を表示するまでの手順

Bloggerの管理画面にログインして、ブログリストからブログを選びます。

収益」の「Adsense」を開きます。

ブログ上に広告を掲載」を「はい」にして「設定を保存」します。

上記の画面が表示されない場合は、こちらの記事をご参照ください。

レイアウト」の「ブログの投稿」欄の「編集」を開きます。

ブログの投稿の設定画面がポップアップしたら、その中の「投稿の間に広告を表示する」をチェックして、「保存」します。

これでブログの記事の直下に広告が表示されます。

サイドバーへの広告表示

サイドバーに広告を表示するには、「レイアウト」のサイドバー欄に「ガジェットを追加」します。

Adsenseのボタンをクリックします。

必要に応じて「レポート形式」を選んで(よくわからなければデフォルトのままで)「保存」します。これでサイドバーにも広告が表示されます。
Share:

2016年1月16日土曜日

ブログサイト(gooブログ/アメブロ/Blogger)比較

過去にgooブログ  → アメブロでブログを書いていましたが、最終的には Blogger に落ち着きました。その理由は、やはりGoogle AdsenseとGoogle Analyticsが使えることでした。

ご参考までに、これら3サイトの比較を下表にまとめておきます。
項目gooブログアメブロBlogger
デザイン・テンプレート 豊富 豊富 極めて少ない
記事の
書きやすさ
他媒体からのコピペができる。 「HTMLタグを表示」モードならコピペできるが、「タグ非表示」モードで他の媒体からコピペが利かない。慣れるまで不便に感じた。慣れれば問題ない。 他媒体からのコピペができる。管理画面にニュースや広告が出ないため、気が散らない
画像の
扱いやすさ
大きな画像はアップロード時にブログサイズに変換するか、そのままか選ばなくてはいいけない。大きなサイズのままアップロードして、ブログに貼り付けると画像にスクロールバーがついた状態になる。使い勝手が悪い。 大きな画像は、ブログ内でサムネイル表示し、原寸画像にリンクするようになっていて、便利。 大きな画像は、ブログ内でサムネイル表示し、原寸画像にリンクするようになっていて、便利。
URL ディレクトリ名だけ個別に指定できるが、サブドメインと記事のURLは指定不可。 ディレクトリ名だけ個別に指定できるが、サブドメインと記事のURLは指定不可。 サブドメインも記事のURLもカスタマイズできる。
アクセス
解析
PVとIP(セッション数)程度。Google Analyticsには非対応。 詳細なアクセス解析機能を標準搭載。Google Analyticsには非対応ということになっているが実はブログパーツとして利用可能 Google Analyticsに対応
Google ウェブ
マスター
ツール
非対応 非対応 対応(Analyticsコードで認証、sitemap.xml登録可)
Google Adsense (広告) 非対応 非対応 対応(欄外に補足)
独自の
機能
「絵文字」が充実している。「おえかきツール」は使ったことがない。 「読者登録」「アクセス・ランキング」「ペタ」などアクセスを増やす仕掛けが充実。 HTMLとCSSの知識があれば、ほとんど自由にカスタマイズできる。
  • このサイトのAdsense広告のPVあたり収益は0.17~0.18円です。
  • gooブログやアメブロの広告収入はブログサイトのものですが、Bloggerでは投稿者のものになります。
Share: